医学部志望が予備校で学ぶべき3つのこと

医学部を受験する上で欠かせない面接試験について

それはいわゆる難しい語彙を用いた文章題を出題するから難しいのか、制限時間内に読むのが難しいくらいの文量を課すために解ききれないのか、それを確認するところがスタートラインです。
前者であれば大学は一生懸命準備して臨む勉強する素質がある受験生を求めている、と言えなくもないですし、仮に後者であれば英語を読み下す速さ、つまり読解力という能力の伴う学生を求めていると言えます。
この求めている学生像が大学側で大きくぶれることはそうあることではありません。
だからこそ過去問の分析は重要で、その分析とアドバイスのために予備校の蓄えたデータベースを利用することが有用なのです。
予備校がこれまで指導してきた学生のデータは通わなければ得られないものですから、自分がどこの大学を狙うのがいいのか、合格するためにはどのような勉強をするのが良いか、など勉強を始める前の段階からアドバイスを得られるのが魅力でしょう。
二つ目に学んでほしいことは、医学部を受験する上で欠かせない面接試験についてです。
多くの大学が受験生に対して医師になるに値する人材かどうかを試験するため、面接を課すのです。
形式は様々で、受験生一人に対して行う個人面接、複数人の受験生に対して面接官が質問するグループ面接、面接試験と銘打っておきながら内容はディベート形式のディスカッションが主な内容だった試験など、各大学の特色が出るところとも考えられるのです。
面接試験の目的は医師になるべき人材かどうかを値踏みすることですが、具体的にどのような点が見られているか、というと円滑にコミュニケーションがとれているかどうか、というところで違いないでしょう。
きちんと挨拶をしてから試験室に入ってきたか、試験官からの質問を最後まで聞けるか、受け答えは正確か、などの点が見られています。
ものの数分で何が分かるんだ、と憤慨されるかもしれませんが、将来医師になって一人の患者さんに問診する時間は同じものの数分というところに変わりはありません。
試験官の先生は今した受け答えが将来の臨床の現場で露呈する態度かもしれない、と思いながら試験しています。

競争に勝たなくては合格を勝ち取ることは出来ません医学部を受験する上で欠かせない面接試験についてしっかり意思疎通を図れるスキルを身に着けることも受験生に必要

医学部予備校 / 医学部専門予備校 メルリックス学院 大阪校