リフォームや注文住宅の建築を行う工務店

リフォームと注文住宅の建築を行う工務店

新着情報詳細

2015/02/08

省エネ住宅ポイント制度スタートのお知らせ(リフォーム版)

省エネ住宅ポイント制度がスタートいたしました。

 

詳細な内容は下記の通りですが、一言でいえば、「一定基準のリフォーム工事をすればポイントがもらえます」です。

 

対象住宅

○住宅であること(戸建・賃貸は問わない)

(店舗併用住宅等の場合は住宅部分のリフォームのみ対象)

 

対象期間

○工事請負契約

・平成26年12月27日以降に工事請負契約を締結されたもの

・請負契約日から平成28年3月31日までに建築着工し、平成27年2月3日以降に工事完了するもの

別に定める期間内(平成27年2月8日現在未決定)通常の住宅の場合、平成28年9月30日までに工事の完了報告(※)が可能なもの

※工事の完了報告は、工事完了前にポイントの発行申請を行ったもののみ必要です。
 また、工事完了前のポイント発行申請で「即時交換」を利用できるのは、平成28年2月15日までに即時交換
 工事を含めた完了報告が可能な場合のみとなります。

 

対象となるリフォーム工事

①窓の断熱改修

・内窓設置、窓の入れ替え、ガラス交換

②外壁、屋根・天井または床の断熱改修

・外壁、屋根・天井または床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材の使用が必要です

③設備改修

・太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓より3種類以上

④上記①~③に併せて行う、バリアフリー工事、住宅設備改修(③の設備に同じ)、耐震改修、リフォーム瑕疵保険の加入

 

※設備改修について

・同じ種類の設備を複数取り付けても1種類としてカウントされます(1F、2Fのトイレの両方を節水トイレに替えても1種類)

・設備改修が3種類以上あれば、全てポイントの発行対象になりますが、1種類だけの場合は上記①または②の工事と併せる必要があります

 

発行ポイント数

○工事内容により変動。上限300,000ポイント。(耐震改修を行う場合は追加で150,000ポイント)

 

ポイント交換

発行されたポイントは商品券等様々な商品と交換できます。(1ポイント=1円相当)また、同一業者が行う追加工事費用に充当する即時交換も可能です。

 

なお、予算には限りがあり、予算枠を消化し次第終了となります。
(平成27年度の省エネ住宅ポイント制度は10月21日をもちまして終了しました。)

今回は特に早期の終了が予想されますので、ご利用をお考えの方はお早目のお問い合わせをお勧めいたします。

ニュース一覧に戻る