リフォームや注文住宅の建築を行う大阪の工務店

注文住宅やリフォームは大阪の工務店マイホームセンター

耐震・断熱・耐火

家づくりへの想い家づくりへの想い

耐震・断熱・耐火耐震・断熱・耐火

家族をあらゆる危険から守る 耐震・断熱・耐火に優れた安心の自然素材の家づくり家族をあらゆる危険から守る
耐震・断熱・耐火に優れた安心の自然素材の家づくり

家の本質は、あらゆる危険から家族を守ることにあります。
そのため、耐震性・断熱性・耐火性に優れた家づくりを行うことは非常に重要なこととなります。
マイホームセンターの家づくりは、天然の無垢材を使用しているため、健康面だけではなく、家族をあらゆる危険から守ることにも優れたものとなります。

耐震性耐震性

収縮や変形が起こらない骨組み
木材乾燥機ドライランバー
マイホームセンターの骨組みは、どこにもないオリジナルの天然無垢乾燥材を使用しています。含水率を10%以下に抑えた無垢乾燥材となるため、住んでからの収縮や変形はありません。
また、強度も大幅に向上し、狂いや割れを防止いたします。
この無垢乾燥材は、特許技術となるため、ほとんどの他社にはまねできないオリジナル乾燥材となっております。
ねじれやゆがみを回避する床剛工法
剛床工法
剛床工法とは、地震による床のねじれやゆがみを回避するために、床を一体化させた面構造をとる工法のことを言います。
マイホームセンターの剛床工法は、壁に地震の力をうまく伝え、面で支えるため、従来のものの2.5倍※の床剛性を兼ね備えた工法を採用しております。
また、幅9cm*厚さ1.5cmの筋交いに対して、壁倍率3.3倍となっており、点ではなく、面で支える形となるため、地震に強く風揺れの心配がありません。弊社のこの技術は、国土交通大臣に認定されており、高い床剛性を保っているため、別途制震・免震装置を設置する必要がありません。
※財団法人建材試験センター中央試験所計測
高い耐久性を取り入れた伝統の建築技法
伝統の建築技法
マイホームセンターでは、高度な建築技術が要求される、1400年以上の歴史がある日本古来の伝統工法を採用し、柱はすべて4寸(12cm角)の真壁仕上げといたしております。
木材の使用量は、一般工法の約2倍となりますが、自社工場で真壁パネルを製造しているため、高品質で低価格を実現いたしております。
変形や歪みが起こらない天然ヒバ土台
天然ヒバ土台
目の詰まった堅い土台を使用しないと、柱の重みで土台が変形し、構造全体が歪んでしまいます。そのため、マイホームセンターでは、他社にはない樹齢1000年以上の綿密な木目で堅い樹種の天然ヒバ材を土台に使用し、家全体の重力を支えています。

断熱性断熱性

涼しく快適な生活を実現するアルミ遮熱シート
宇宙服にも使われる熱の反射技術を応用したアルミ遮熱シートと3種類の高性能断熱材を使用し、床・壁・屋根を覆うため、夏の暑い日差しでもロフトや小屋裏などが暑くなりません。そのため、エアコンが無くても、涼しく快適な生活が可能です。また、透湿性がゼロのため、湿気にも強い家づくりを実現しております。
お問い合わせフォーム