リフォームや注文住宅の建築を行う工務店

注文住宅やリフォームは工務店マイホームセンター

自然素材

家づくりへの想い家づくりへの想い

自然素材自然素材

無垢材で作る自然素材の家づくり お年寄りから子どもまで、健康的に安心で安全な生活を無垢材で作る自然素材の家づくり
お年寄りから子どもまで、健康的に安心で安全な生活を

マイホームセンターでは、無垢材を使った自然素材の家づくりにこだわり、住宅を通して、いつまでも気持ちよく、健康的なライフスタイルの創造を行っております。

お年寄りから子どもまで、家族が健康的に安心で安全な生活を過ごすために、マイホームセンターの家づくりのこだわりである、無垢材を使った自然素材の家づくりについてご紹介いたします。

無垢材とは?無垢材とは?

無垢材

無垢材とは、天然材を住宅の建築用材として加工した木材のことを言います。

無垢材は生きている木材で、化学物質を含まない自然素材となり、無垢材で建てた家は、シックハウス症候群のような化学物質の汚染はありません。しかも、無垢材は調湿作用があり、湿気が多ければ湿気を吸収し、室内が乾燥すれば湿気を放出し、室内の湿度を調節してくれます。
また、国産の無垢材の多くが湿気に強く、かつ樹脂を多く含んでいます。そのため、水や雑菌などから家を守る性質があります。まさに、無垢材こそ日本の気候風土に適した建築用材と言うことができます。

無垢材で作る家づくりの6つのメリット無垢材で作る家づくりの6つのメリット

【メリット1】 結露を防ぐ
結露
結露は、温度ごとによって変動する空気の保有できる水分量の差によって生じます。
空気は暖かければ暖かいほど水蒸気をたくさん含むことができ、冷たければ冷たいほど水蒸気をあまり含むことができません。
そのため、冬などに部屋で暖房をつけていると窓ガラスに結露ができるのは、部屋の暖かい空気が外の冷たい空気に冷やされ、保有している水分があふれ出てしまうことが原因となっています。
この結露を防ぐことができるのが、無垢材を使った家づくりとなります。
木は、周囲の水蒸気が多ければ多いほど湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出し、人が快適に暮らせると言われている60%~70%の湿度に保ってくれる機能を持っています。
そのため、木をふんだんに使用した室内は、結露が生じにくく、快適な生活を送ることが可能となるのです。
また、結露はカビやダニ、細菌の繁殖原因のひとつとなっているため、結露を防ぐことで健康な生活を送ることが可能となります。
【メリット2】 シックハウス症候群対策
シックハウス症候群
シックハウス症候群とは、新建材に含まれる化学物質によって、人体にアレルギー反応が起きる現象のことを言います。
シックハウス症候群は、特に集成材や壁紙・フローリングの接着剤に含まれることが多いホルムアルデヒドが原因となっており、子どものぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、頭痛やめまい、神経痛、吐き気、手足のしびれ、目の痛みなどの症状を引き起こしてしまいます。
一般的に子どもやお年寄りからダメージは始まり、長時間家にいる主婦にも症状は現れてくると言われています。
また、カビやダニもアレルギーの原因となります(カビは気温20度以上、湿度70%以上で発生)。
カビが増えるとそれを食べにダニが集まります。カビが広がると、ダニも増えていくのです。ダニの死骸や糞が室内の空気に混ざり、それを吸い込んだ抵抗力の弱い子どもやお年寄りにアレルギー反応が起こってしまうのです。
無垢材を使用した家づくりを行うことで、シックハウス症候群の原因のひとつであるホルムアルデヒドが発生しない家づくりを実現することができ、また、カビやダニなどのアレルギーからも身を守ることも可能となります。
【メリット3】 シロアリが住めない
自然素材の家づくりと言えば、シロアリが発生しやすいと思われがちです。
しかし、マイホームセンターの家づくりでは、土台にカビやダニ、シロアリを寄せ付けない無垢材のヒバ材を使用し、薬品による防蟻処理を行わずとも、シロアリ対策を実現いたしております。
【メリット4】 家屋の寿命が長い
無垢材を使用した家づくりは、集成材を使用した家づくりと比べ、家屋の寿命を大きく伸ばすことが可能となります。集成材の家づくりは、強力な接着剤を利用しないといけないため、接着剤の寿命が家屋の寿命となってしまいます。しかし、無垢材の家づくりは、接着技術の進歩によって通常の接着が可能となるため、接着剤の寿命に依存しない家づくりが可能となります。
また、シロアリ対策や結露対策も実現した家づくりとなるため、家の劣化を防ぐ効果もあります。
【メリット5】 ストレスを和らげる
森林浴をすると、リラックスして心地よくなるのは、樹木が発する芳香成分(フィトンチッド)のはたらきによるものです。フィトンチッドとは、森林の香りのことを言い、人間の自律神経を安定させる作用があると言われています。この作用は樹木が伐採され、木材となっても失われないものとなり、中にいるだけで森林浴効果を得ることが可能となります。
【メリット6】 目と耳に優しい
目と耳に優しい
木の視覚的、触感的な癒し効果は、科学的に証明されています。
木の年輪や節目を見たときや木肌に触れたとき、人間は安心感をいだき、リラックスした状態になります。
更に木には、音を適度に吸収してきれいに響かせる性質や、人間には有害な波長の短い紫外線を吸収し、波長の長い赤外線を反射する性質などもあります。
実際に木の家にいるとリラックス時に見られる脳波α波が発生することが確認できており、木の家は体だけでなく心も健康にする効能があるのです。

無垢材の種類と特徴無垢材の種類と特徴

桐
木肌が良い桐は、フローリングや建具に使用いたします。
薬剤による漂白は一切行わず、お湯に浸して乾燥させる工程を3回繰り返し、手間暇をかけてその美しさを実現します。柔らかく、弾力性のある木材で、通気性に優れ、調湿効果があります。また、空気の清浄効果があることから、カビ対策に有効です。桐には独特の香気があり、防虫対策にも適しており、断熱効果や保温効果もあり、内装材として最適です。昔から、家具などに頻繁に使われてきました。
マイホームセンターが採用する桐材の床は、柔らかくて肌触りが良く、一年中ベタつくことがありません。
冬はほんのりと暖かく、暖房効率が良いので省エネ対策になります。
赤松
赤松
赤松は非常に強い耐久性を持った木材となり、人がよく集まるリビング等のフローリングに使用します。
マイホームセンターが採用する赤松のフローリングは、特許技術を取得している木材乾燥により、素材が本来もつ耐久性を2倍以上に引き上げています。
米ひば
米ひば
檜と同類の木で、匂いや色が日本のひばに良く似ていることから「米ひば」と呼ばれています。
芯材が鮮やかな黄色で、辺材は黄白色という個性的な木材です。加工が容易で、かつ耐久性に優れているので、土台に使われます。
お問い合わせフォーム